×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


OBR4 −ダンデライオン−  


088 2005年12月03日12時00分


<中村大河>


「よっと」
 大河が渓流に仕掛けていた笹竹をさぶりと引き上げると、小魚やエビが葉の間から河原に滑り落ちた。
 凪下南美から教わった漁で、笹浸し漁というそうだ。
 沢に束ねた笹を水中に漬けておき、それを寝床にした魚類を捕るという単純な仕組みだが、毎回何かしらはかかっている。
 ただ12月に入り、水生生物の動きも鈍っているのか、はかばかしい漁果は得られていない。
 腰を伸ばし、周囲を見渡す。
 ちょうど正午になったところだが、空は厚い雲に覆われ、うす暗い。
 沢は上流に当たり、傾斜は急で流れが速い。水面は波立ち、飛沫があがっていた。川筋に沿った河原は大河がいる片面だけで、向かいは川からそのまま上がりこう配の斜面になっていた。

 魚中心の食事にもすっかり慣れた。
 南美は小動物を捕るための箱檻型の罠を持っており、何度か仕掛けていたが、一度も獲物をとらえていなかった。
 獣道などの知識が必要で、素人には少々難易度が高いらしい。
 彼女がAスポットで入手していたのはワイヤー製のくくり罠だったので疑問に思い訊くと、箱檻型の罠はもとは西塔紅実が入手したものだったそうだ。
 くくり罠よりも熟練を要さないそうだが、それでも成果は上がっていない。
 だけど、南美は失敗を生かしながら挑戦し続けていた。
 西塔紅実も同じようにしていたそうだ。小動物の捕獲は、南美にとって何かの象徴でもあるのだろう。
 
 
 あたりはすっかり白銀世界だ。
 山野は白く雪化粧が施され、吐く息も白い。
 今もふわふわと粉雪が舞い降りてきている。
 切りつけるような冷気。
 歩けば、さくさくと雪を踏む音がする。
 スニーカーでは足先が凍傷になってしまうので、解放物資に入っていた長靴を履いていた。
 厚い手袋を脱ぎ、両手に息を吹きかける。
 マウンテンジャケットのジッパーは首元まであげ、首にはマフラーを巻いていた。

 朔を失ってから三日が経っていた。
 喪失感は未だ消えない。
 時折涙、嗚咽も零れる。
 だけど、立ち上がり、生活は続けていた。
 何かを口にしないと、腹は減る。防寒に努めないと、身体は凍える。現実は、悲しみに暮れることなど許してはくれない。「環境に適用できるやつが生き残っていく」いつか聞いた朔の台詞だ。
 これも、一つの適応なのだろうか。

 朔の亡骸は、凪下南美と一緒にCスポット近くに埋葬した。
 瀬戸晦らも同じ場所で眠りについている。
 それぞれ薄く土をかぶせただけだったが、すぐに雪が覆ってくれた。
 おそらくこのプログラム終了後に、政府によって掘り起こされるのだろう。
 ふと、朔の遺骨の引き取り手があるのだろうかと思った。
 朔は両親を亡くしていると言ってた。今となってはその真偽は分からないが、大河は朔の話が本当だったのではないかと考えていた。
 それは珍しいことではない。
 珍しいことではないが、寂しいことだ。
 両親が揃い、姉もいる大河には、想像することもできない孤独だ。

 水も汲み、キャンプ地へと向かう。
 いまは、原始人よろしく洞窟を住まいにしていた。Cスポットがある丘は洞穴地帯だ。あちこちに、その入り口が存在していた。
 そのうちの一つの中にさらに簡易テントを張っており、たき火で暖も取っているが、夜は凍えるような寒さに襲われる。
 雪で覆われた地面を踏み進む。
 歩を進めるたびに足首のあたりまで雪に沈み、歩きにくい。
 大河が生まれ育った京都市内は降雪はあるが、積雪はそれほどない。
 雪の中での生活は未経験で、慣れない疲労感が身体を蝕む。

 やっとのことで洞窟に辿り着く。ぽかりと半円を描く入口。
「戻ったよ」
 中に声をかけたところで、異変に気付いた。
 凪下南美の姿が無い。
 彼女の荷物もなくなっていた。
 がらんとした岩肌の洞穴。人の気配が消えたことで、寒々とした雰囲気が増していた。
「ああ……」
 息をつく。
 彼女の出奔に意外は持たなかった。
 来るべきときが来た。そんな感覚。
 朔を失ってから、二人の間に会話はほとんどなかった。あっても、白々しい空気が流れていた。
 ふとした瞬間に、南美に無表情に見つめられていることに気づき、肝を冷やすこともあった。
 きっと彼女も、同じように感じる瞬間が多々あったに違いない。
 このまま二人でいれば、いつかどちらかがどちらかを手にかけてしまう。そんな予期、プレッシャーに彼女は耐えられなかったのだろう。 

 不思議に、孤独感はなかった。
 安堵すら感じる。 
 だけど、身体が震えた。
 寒さからではなく、恐怖感に、身体が震えた。
 これで、二人は共闘ではなく敵対となった。
 もちろん、距離感を保ち、遭遇しても互いにやりすごせばいい。それが理想だ。
 しかしそれが儚く空虚であることを、大河と南美はよく知っている。プログラムの現実を、自身に潜む暗闇を嫌と言うほど見てきた二人はよく知っている。
 漏れる吐息。震える指先。
 救いを求め、大河は周囲を見渡した。……しかし、何もなかった。



−02/28−


□□  バトル×2 4TOP ご意見ご感想 更新お知らせ登録

 
バトル×2
各種設定・ルール

中村大河
朔と親しくしていた。朔が兵士だったことを隠していたと知り、怒りをぶつけた。碓氷ヒロ殺害後に自決しようとしたが南美に救われる。最後は朔を看取った。
凪下南美
プログラム早々に仲間ときのこの毒にあたり、一人生き延びる。朔たちからサバイバル術を学び、Bスポットを出て行った。